プロポーズは言葉でしっかり伝えてほしい! 女性が望む「ちゃんとした」プロポーズってどんなもの?

平成が終わり、令和の時代がスタートしました。新しい時代の幕開けとともに、結婚を決意した人も多いのでは?

結婚を決意したなら、次のステップは「プロポーズ」です。どんなシチュエーションで、どんな言葉で気持ちを伝えたらいいか、迷いますよね。「なんとなく」「流れで」プロポーズしてもいいかな?と考える男性が多い一方で、女性は「ちゃんとした」プロポーズをしてほしい、と望んでいる人がほとんど。プロポーズは男女によってとらえ方に違いがあるようです。でも、女性が望む「ちゃんと」ってどんなもの? 具体的に解説してみたいと思います。

女性は「はっきりプロポーズされたい」と願っている

アニヴェルセル総研が300人の既婚男性に実施したアンケートによると、「しっかり準備してプロポーズを伝えた」と答えた人が43%、「なんとなく言葉で伝えてプロポーズした(プロポーズをしなかった)」と答えた人が57%という結果に。

それに対して、77.4%の女性が「はっきりプロポーズされたかった」と答えています。また、「はっきりプロポーズされたかった」と回答した既婚女性の方に「いま改めてプロポーズされたら嬉しいですか?」と質問したところ、45.2%の既婚女性の方が「嬉しい」と答えています。

一生に一度の大切な瞬間だからこそ、女性はプロポーズの思い出を大切にしたいと思っています。だから、はっきりとプロポーズをしてもらったという意識がないと、結婚後もずっとモヤモヤしてしまうのです。

「結婚してください」が王道。シンプルな言葉で伝えよう

はっきりとプロポーズされた、と女性が実感できるポイントの一つは、プロポーズの「言葉」です。プロポーズでもらった彼からの言葉は、女性にとっては一生の宝物になります。

では、具体的にどんな言葉で伝えるのがいいのでしょうか。

アニヴェルセルが未婚の男女に実施したアンケートで「どんな言葉でプロポーズされたい(したい)ですか?」と質問したところ、男女ともに「ストレートに"結婚してください"系」と答えた人が70%に上りました。

また、既婚男性に「あなたのプロポーズの言葉を教えてください」と聞いたところ、「結婚してください」と答えた人が46%、「結婚してください+α」と答えた人が31%でした。

7割以上の人が、シンプルに、そしてハッキリと結婚の意志を伝えていることが分かります。

プロポーズの言葉は、「結婚してください」とシンプルなものがベスト。そして、できればそこにふたりらしい言葉を何かひとつ加えて、より彩りのあるプロポーズの言葉を伝えてみませんか?

アンケートの回答にあった、「+α」の言葉をいくつか紹介しておきましょう。

「一生に一度の言葉をあなたに伝えます。結婚してください」
「ほんまに愛してるで。結婚してください」
「楽しい家庭を一緒につくりましょう。結婚してください」
「結婚してください。これからずっと大切にします」
「一生幸せにします。結婚してください」
「大好きです。結婚してください」

なかなか他人のリアルなプロポーズの言葉は、聞く機会がないものです。アニヴェルセルの「みんなのプロポーズ」では、経験者のプロポーズの言葉を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

https://propose.anniversaire.co.jp/experience/list_phrase/

真剣さと誠実さが伝わるシチュエーションを選んで

プロポーズのシチュエーションも、もう一つの重要なポイントです。「ちゃんとした」感じが伝わるためのキーワードは「非日常感」です。いつもの延長で何となくではなく、いつもとは違うシチュエーションを作ることで、はっきりとプロポーズしてもらえた、と実感することができるのです。

そのために、避けたいのは、賑やかすぎる場面や、冗談だと思われてしまうシチュエーション。例えば、知り合い同士が集まる賑やかな飲み会で「結婚しようか」などと言っても、彼女としては冗談なのか、あるいは酔った勢いなのかと思ってスルーしてしまう可能性が大。結婚したいという気持ちが本気であれば、真剣さと誠実さを演出してくれるようなシチュエーションを考えることが重要です。

真剣な気持ちが伝わるシチュエーションとして、まずはプロポーズの言葉がしっかり聞き取れる環境であること。そして、誰かに邪魔されず、ふたりが真剣に向き合える場所であることは抑えておきましょう。

アニヴェルセルのチャペルでロマンティックなプロポーズを

そうは言っても、男性はムードを重視した場所選びが苦手なもの。知り合いに聞くのも、何となく恥ずかしいですよね。

そんな悩みに対して相談に応じてくれるのがアニヴェルセルの"プロポーズプランナー"です。結婚式場を運営するアニヴェルセルでは、プロポーズ専門のプランナーが、あなたの希望や彼女の好みから最適なプロポーズを提案してくれます。

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

過去記事:なぜプロポーズプランナーに頼んだの?魅力はプランナーの提案や、段取りの良さ

美しい夜景や星空の庭園で親密な時間を過ごせるプランや、女性が憧れるチャペルを贅沢に貸し切って行うプランなどさまざま。あなたが前もって"ちゃんと"準備してくれていた喜びも加わって、結婚したい気持ちが彼女にしっかり伝わるはずです。プロポーズプランナーが、あなたの一世一代のプロポーズを全力で応援してくれます。

トランジットデザイン編集部

トランジットデザイン編集部

「もっとつながる」をコンセプトに、エンタメ、暮らし、ブライダル、HRなど、さまざまメディアのプロデュースとコンテンツの企画/制作をしています。