プロポーズプランナー直伝!本気度が伝わる男性の服装とは?

一世一代のプロポーズ! どこで、どんな演出をして、どんな言葉を伝えようか......と、男性の皆さんは悩むことと思います。そんなとき、「演出やプレゼント、言葉と同時に、考えてほしいことがあります」と話すのは、多くのカップルのプロポーズをサポートしている、プロポーズプランナーの松川さん。

松川さんが指摘する大事なこととは、男性の「服装」だといいます。どんな格好でプロポーズをするかによって、気持ちの伝わり方が変わってくるからです。どんな服装なら、男性の本気度が伝わるのでしょうか。プロポーズプランナーの松川さんに、お話を伺いました。

プロポーズのときにおすすめの服装とは

――松川さんは、日々たくさんのカップルのプロポーズに立ち会っておられます。プロポーズの時、男性はどのような服装をしていることが多いですか?

これまで見てきた中では、きれいめのジャケットを着てこられる男性がほとんどです。平日であれば、仕事帰りにスーツで来られる男性もいます。土日でもスーツを着たいとおっしゃる場合は、女性に気付かれないように私服でお越しいただいた後、プロポーズの直前に着替えていただきます。ノーネクタイの場合も多いですし、つけていても紺地などの落ち着いた色味が多い印象ですね。

事前のお打ち合わせでも、「どんな服装をすればいいのか」とご相談を受けることもあります。悩んでいる男性が多いのだと思います。

――松川さんが、プロポーズプランナーとしておすすめする服装はどんなものですか?

私が男性におすすめしたいのは、タキシードやスーツです。やはり一生に一度のことですので、正装に近い服装でプロポーズしていただきたいです。格好によっても、気持ちの伝わり方が違ってくるのではないかと思っています。

プロポーズというと、男性は言葉や演出ばかりを重視される傾向があるのですが、女性目線で考えると、見た目も大事です。

アニヴェルセルではチャペルを貸し切ってプロポーズをしていただけるのですが、サプライズで呼び出されて女性がチャペルの扉を開けた瞬間、きちんとした服装で男性が待っていてくれると、女性はとても驚かれます。第一印象で、本気度や誠意が伝わりますよね。

また、プロポーズ前後には、記念に動画や写真を撮ることが多いです。ずっと残る写真なので、カジュアルすぎるよりは、いつもとは違う特別感のある格好で残せたほうが素敵だと思います。その動画や写真は結婚式などで使われる場合もあるので、「娘が素敵なパートナーと出会えた」と、親御さんも喜んでくださるのではないでしょうか。

――松川さんをはじめ、プロポーズプランナーの方は、どうしたら女性が喜ぶのか、女性側の目線でアドバイスをくださるので、男性も安心して相談できますね! 男性がオシャレをするなら、女性もきれいな格好をしないと不釣り合いになりそうですが......。

チャペルでのプロポーズで、お写真も記念に残すとなると、女性がカジュアル過ぎる格好で来てしまうと「もっとオシャレをしたかった」と思うはずです。そこで、男性には、事前に「女性が自然とおしゃれして行きたくなるようなデートプランを立てることが重要です」とお伝えしています。

たとえば、「レストランでディナーするからオシャレして来てね」と事前にお相手に伝えておくのもやさしさだと思います。私が立ち会ったカップルは、きれいめのワンピースやスカートなど、女性もオシャレをして来てくださる方がほとんどですね。

_MG_3558_s.jpg
プロポーズプランナーの松川さん。事前のお打ち合わせから当日の進行まで、ふたりのプロポーズに寄り添ってくれる

プロポーズのプロがきめ細かくサポート! 彼女が喜ぶプロポーズプランとは?

――アニヴェルセルではチャペルを貸し切ってプロポーズができるというお話がありました。具体的な流れを教えてください。

さまざまなプランをご用意しておりますが、例えば、結婚式場にカフェが併設している表参道店のおすすめは、カフェでディナーをしたあとに、実際に結婚式が行われている本格チャペルに移動してサプライズでプロポーズをする「ロイヤルプラン」です。料理の内容は季節によって変わりますが、フレンチのフルコースで、プロポーズプラン限定の特別メニューをお楽しみいただけます。

アニヴェルセルカフェ 表参道_s.jpg
「アニヴェルセルカフェ 表参道」(アニヴェルセル 表参道1階)で、プロポーズの前にふたりでディナーを楽しめる。

ディナー付きのプランをご利用いただく男性の多くは、プロポーズデートの日は、「表参道のレストランで食事をするから、オシャレをしてきてね」と彼女に伝えて、デートの延長でサプライズを計画されているようです。

土日の場合が多いので、最初からスーツだと気付かれてしまいます。そのため、ディナーは私服で来られる方が多いですね。そして、食事を食べ終わった頃に、「ちょっとお手洗いに......」「会社から電話がかかってきた」などと伝えて、席を立ち、タキシードやスーツに着替えてチャペルに向かう流れになります。

――スーツは事前に預けられるのでしょうか?

はい、お預けいただけます。お預かりする方法は、事前持ち込み、郵送、当日持ち込みの3種類があります。お着替え用に、更衣室も準備しています。ただ、女性をお待たせしているので、あまり時間はかけられません。チャペル近くの小部屋でささっと着替えていただくことも多いです。お着替えの時間は、5分~10分。まるで、アイドルの早着替えのようです(笑)。

事前にお預かりしている場合は、着替えやすいようボタンを外しておいたり、着用する順番に並べたりして、私たちもせいいっぱい早着替えをサポートしています。当日持ち込みよりも、事前のお預かりがおすすめです。

江坂kouishitu_s.jpg更衣室や小部屋で素早く衣装チェンジ

――チャペルだとスーツが映えそうですね。レンタルもできますか?

DSC_5179_s.jpg

スーツは持ち込みのみですが、タキシードは貸し出しをしています。全体の2~3割の方がタキシードをご選択されています。色を選ぶことはできませんが、身長・体重などをお聞きして、サイズのぴったり合うタキシードをご用意しております。

女性も、彼のスーツ姿は見たことがあっても、タキシードはほとんど見たことがないはずなので、スーツ以上の特別感を出すことができます。男性のいつもと違う出で立ちに、チャペルの扉を開けた瞬間、思わず笑ってしまう女性が多いですね。そして、そのまま満面の笑顔で男性の元へ行かれます。女性からすると、プロポーズのためにそこまでしてくれるのはとても嬉しいことだと思います。

――男性がタキシードを着ている場合、女性もドレスを着たくなりそうですね。

事前に男性にドレスも選んでいただいて、女性にもドレスに着替えていただけるプランもあります。

例えば、以前、東京ベイ店では、男性が女性のご友人に協力を依頼されたケースがありました。ご友人に「ドレスの試着と撮影ができるところがあるから、一緒に行こう」と女性を東京ベイ店にお連れいただき、一緒に好きなドレスを選んで、いざ撮影! となったところで、タキシード姿の男性が現れるというサプライズです。

女性がドレスを着ると、プロポーズの記念写真がとても華やかになりますよ。ロマンティックな演出が好きな女性には、ぜひオススメしたいプランです。

KWA1553_s.jpg男性がサプライズで、女性にもドレスを準備する場合もある

――これからプロポーズをされる男性にメッセージをお願いします。

一生に一度のプロポーズは、おふたりにとって記念に残る大切な日になると思います。言葉や指輪などももちろん大切ですが、プロポーズされる瞬間の見た目も、女性にとっては非常に大切です。タキシードやスーツを着ることで、より一層お相手の心に響くプロポーズになるはずです。不安なことがあれば、お気軽にプロポーズプランナーにお問合わせください。プロポーズの成功をお祈りしています!

(文 浅田よわ美 / 編集 トランジットデザイン編集部)

浅田よわ美

浅田よわ美

奈良出身のライター。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。